finjia

※双方デメリットあり!フィンジアとリアップx5はどっちが買い?

フィンジアとリアップを比べてみると、全然効き目が異なると考えている人が多いです。しかし、実際にはそこまで大きく異なるわけではありません。

どちらが優れているかと考えるのではなく、使う人の年齢で考えると良いのです。

その理由を説明していきますが、まずはそれぞれどのように異なっているかをまとめてみましょう。まずは、大きく異なる部分から確認しましょう。

フィンジアとリアップが大きく異なるところとは?

フィンジアとリアップが大きく異なる部分は、化粧品か医薬品かということです。フィンジアは化粧品というカテゴリーで、リアップは医薬品カテゴリーになります。

医薬部外品というカテゴリーもありますが、このカテゴリーに入ると、厚生労働省が定めた範囲内で、内容成分やその濃度で育毛剤を作らなければいけません。

つまり医薬部外品というカテゴリーに属する育毛剤は縛りがあるということですね。

フィンジアは化粧品として分類されている

フィンジアは医薬部外品として分類されてないおかげで、使える成分やその濃度の規制をあまり強く受けません。

禁止されている成分を使わなければ、ある程度自由に配合することができますし、ある成分を高濃度で使っても問題ありません。

キャピキシルやピディオキシジルを使うため

フィンジアの主な成分となっているキャピキシルやピディオキシジルは、医薬部外品の範囲から外れているので、医薬部外品の育毛剤には入れることができないのです。

臨床試験でも効果が確認されているのに、そのような決まりになっているのは不思議ですね。

このような理由で、化粧品として販売することでこれらの成分を使えるようにしたのです。濃度も縛りがありませんので、ちょうど良いバランスで配合できるようになりました。

この二種類の成分を自由に使用・配合するために化粧品として登録されているのです。

唯一のデメリットは発毛効果があるとはっきりと宣伝できないということです。

リアップは第一類医薬品として分類されている

フィンジアとリアップの比較をしているわけですが、リアップの場合は医薬品のカテゴリーに入っています。

ですから、発毛剤としてはっきり表記できるというメリットがあります。

第一類医薬品として登録されているので、処方箋は必要ありませんが、薬剤師がいる薬局でしか購入できません。

フィンジアを使うメリットとデメリットは?

フィンジアは基本的にメリットの方が圧倒的に多い商品です。でも、やはりデメリットについても考えておくことは大切です。

どちらも公平に見て判断したいものです。

フィンジアのメリットって具体的に何?

フィンジアのメリットとしてまず挙げられるのが、主成分にかなり高い効果があり、それは実験でも認められているということです。

化粧品として分類されているのに、成分は実証実験でしっかり良い結果を出しているというのはすごいことですね。

ちなみに、キャピキシルはミノキシジルの3倍の育毛パワーがあるという実験結果もあります。これは、髪の成長活性率の実験ですが、このような結果も出ているのです。

ピディオキシジルもとても良い成分

キャピキシルの効果について簡単に説明しましたが、ピディオキシジルも髪の成長に大きく貢献する成分です。

これは、ミノキシジルの誘導体でミノキシジルの効果をそのまま残しながら副作用だけを少なくした物質です。

マウス実験では、ミノキシジルと同じ程度の育毛効果が実証されている素晴らしい物質です。

この実験は、どれくらいの毛が生えたのか重さを測定して判断されましたが、同じ程度の重量となりました。

日本薬科大学とも共同で試験し効果が実証された

実証実験

国内実験に関してですが、フィンジアを販売しているユーピーエスと日本薬科大学が共同で実証実験をやっています。

例えば、髪密度に関しては、半年で10パーセント以上濃くなるという結果が出ています。

その他にも、毛の太さや硬さ、毛穴から出ている髪の本数などの実験結果が公表されています。

フィンジアに含まれるカプサイシンが浸透力を高める

フィンジアには唐辛子の成分として知られるカプサイシンも含まれていますが、この成分は毛穴を開き発汗させる作用があります。

この作用をうまく利用して、フィンジアの他の成分を毛根に浸透させることができます。これは専門用語では、ゲートアクセス理論と呼ばれています。

残念ながらフィンジアに含まれているカプサイシンはリアップには入っていません。

リアップは浸透性が悪いと言われているので、カプサイシンが入れば強力になるかもしれません。

フィンジアにはDHTを抑える成分がたくさん配合

フィンジアはDHTを抑制する成分として、ビオカニンAが含まれています。

しかし、それだけではなくフィンジアに含まれるヒオウギエキスもDHTを抑制する効果があるのです。

ヒオウギエキスには、イソフラボンがたくさん含まれていて、DHT生成に関係する酵素の働きを抑制します。

リアップにはこのDHT抑制作用がありません。

フィンジアにはリアップのような副作用はほぼない

フィンジアのメリットの別の点は、副作用が発生するような成分が含まれていないということです。

万が一副作用が起きるとしたら、植物エキスかアルコールに対する反応程度です。

フィンジアが発売されてから、副作用報告に関するレポートは見当たりませんので、安全な育毛剤と判断できます。

全額返金保証があるので金銭的にも守られる

フィンジアが万が一、体に合わなかった時などは、商品代金を返還してもらえます。

全額返金保証制度を利用するには、条件がありますが特に他の商品と比べて特別なことは含まれていません。

フィンジアの値段を見ると購入しにくいと感じるかもしれませんが、全額返金保証制度があると知れば、買いやすくなりますね。

フィンジアのデメリットって具体的に何?

フィンジアのデメリットはほとんどありませんが、そのいくつかを挙げていきます。メリットと比較するとかなり少ないですが、一応検討してみましょう。

フィンジアはリアップよりも値段が高い

フィンジアの購入方法は四種類ありますが、価格は次のようになります。

単品購入の場合 12,800円
1本を定期コースにした場合 9,980円
3本セット購入の場合 11,600円(1本あたりの金額)
3本セットの定期コースの場合 8,967円(1本あたりの金額)

この表からも分かる通り、一番安くなるのは3本セットを定期コースで注文することで、1本の金額が8,967円になります。

リアップの金額を調べてみると、定価は7,611円ですが実際には7,000円前後で販売されているので、フィンジアの方が2,000円程度高くなります。

理由としては、フィンジアに含まれている主成分が海外から仕入れているということにあります。

フィンジアはネットでしか購入できない

リアップと違い、フィンアジアは薬局では購入できないというデメリットがあります。

ネットでのみ購入できるので、ちょっとそこまで出掛けて購入するということは不可能です。

ネット通販に絞ることで、販売金額を安くしてくれているのでしょうが、すぐに手に入れたいと思った人にはデメリットに感じるでしょう。

リアップを使うメリットとデメリットは?

リアップはとても有名な発毛薬で、コマーシャルでも見かけるお馴染み商品です。

日本で唯一発毛薬として販売されているリアップのメリットとデメリットも確認してみましょう。

リアップのメリットって具体的に何?

リアップはメリットがあるので、日本で長年注目を集め続けています。具体的な点を挙げていきましょう。

リアップは臨床試験で発毛効果が実証されている

リアップを販売しているのは大正製薬ですが、とても大きな臨床試験を行っています。そして、医師が結果を分析して、写真でも公表されているほど信頼できるものです。

リアップのサイトを見れば、その結果について確認できます。現状維持も含めれば、一年間で98パーセントの人に効果が出ました。

しかも、これは医師が判断した結果です。

日本皮膚科学会が推奨しているミノキシジル配合

AGAの治療

日本皮膚科学会はAGA、つまり男性型脱毛症用のガイドラインでミノキシジルを推奨しています。推奨度は最高ランクのAが付けられています。

Aランクが付いたということは、AGAの人にはミノキシジルを使った治療を行うように強く勧めているということです。

専門家からこのような判断がされているのが、リアップを使う一番のメリットです。

知名度の高さで不安があまりない

リアップは髪の悩みを抱えていない人でも知っているほどの知名度を誇っています。大正製薬が販売しているということも大きいですし、CMもやっているので有名です。

不安を感じることなく使えるというメリットがあります。

リアップはすぐに購入できる

リアップは処方箋が必要のない医薬品なので、薬剤師がいる薬局に行けば購入することができます。思い立った時に買いに行けるのは一つのメリットです。

ただし、購入する時に薬剤師から説明や確認をされるので、恥ずかしがり屋の人にはハードルが高いかもしれません。

リアップのデメリットって具体的に何?

有名なリアップですが、デメリットはあるのでしっかりと確認しておきましょう。どのようなものがあるのでしょうか?

皮膚に副作用が出る可能性が高い

壮年性脱毛症にしか効果が無い

リアップは壮年性脱毛症にのみ有効な商品で、つまり30代後半以上の人のみを対象としているのです。

つまり20代で薄毛に悩んでいる人や30代前半の人はあまり期待できないということになります。

抜け毛を抑える効果が無い

リアップの有効成分はミノキシジルのみとなっていて、他は頭皮の環境をキープするための成分のみです。

発毛だけにスポットを当てているので、抜け毛対策の成分が全く含まれていません。

新しい髪を生やすだけでは、AGAを抑えることができない場合も多いので、プロペシアやフィンジアに含まれているキャピキシル、ヒオウギエキスなど脱毛を抑える成分も必要です。

全額返金保証制度は用意されていない

通販で購入できる育毛剤には当たり前に用意されている、全額返金保証制度がリアップにはありません。

通販が主な販売方法ではないという理由かもしれませんが、皮膚に副作用が出たとしても返金してもらえないのです。

リアップの値段は広告費込である

リアップは色々な宣伝をしている商品ですので、その費用も莫大なものです。それが値段に含まれているということを考えなければいけません。

リアップと同じ成分の海外版商品は、個人輸入なら3,000円以下で購入できます。

リアップが7,000円ですから、どれくらい広告費が値段に含まれているのか考えてしまいますね。

フィンジアとリアップは年齢で使い分けよう

フィンジアとリアップのそれぞれのメリットとデメリットをまとめましたが、表にしてみましょう。

フィンジアのまとめ
メリット デメリット
主な成分の臨床試験データが多い 購入価格が高い
カプサイシンで毛根に浸透しやすい ネットを通してしか購入できない
DHTを抑える成分が含まれている
副作用を恐れなくて良い
全額返金保証制度があるので安心
リアップのまとめ
メリット デメリット
発毛効果が試験で認められている 皮膚や循環器に副作用を与える可能性大
日本皮膚科学会が推奨している成分を使用 壮年性脱毛症が主な対象となる
有名な商品なので不安が少ない 脱毛を抑える成分は入っていない
薬局等ですぐに購入できる 全額返金保証制度は無い
広告費が値段に含まれている可能性大

このメリットとデメリットを比較すると、年齢で商品を使い分ければ良いことに気づくでしょう。

30代後半以降の人はリアップを使おう

リアップの対象が壮年性脱毛症ということを考えると、30代後半以降の人はリアップを使って発毛効果を期待できます。

年齢的にもある程度薄毛が進行していることも考えられるので、リアップを使って改善できる可能性があります。

もっと若い人は、まず別の商品を探してみて、最後の砦としてリアップにするのが良いです。

20代から30代前半の人はフィンジアを使おう

若い人が薄毛に悩まされている場合には、色々な原因が重なり合っている可能性が高いです。ですから、リアップはあまり向いていません。

発毛効果は強いものの副作用のことも考えなければいけないです。

まだ、20代から30代であれば、初期段階の脱毛ですから、副作用のリスクがあるリアップを選ぶ必要はありません。

フィンジアは育毛効果だけでなく、脱毛を防ぐ効果も期待できるので、まだ髪の残っている若い人にぴったりです。

もちろん、壮年性脱毛症の人でもしっかりフィンジアは対応していますが・・・。キャピキシルとピディオキシジルは効果が試験で実証済の成分です。

まだ初期段階の若い人にはこれらの成分が含まれているフィンジアが向いています