finjia

※双方デメリットあり!フィンジアとチャップアップはどっちが買い?

フィンジアとチャップアップは、両方とも人気の育毛剤ですね。

ところで、この2つの商品はどこが違うのでしょうか?フィンジアとチャップアップの違いと、どちらがおすすめなのかをお伝えします。

場合によっては同時に使うという方法もあるかもしれませんね。

フィンジアとチャップアップの大きな相違点は?

この2つの商品の違いを確認しましょう。

比べてみるとどちらもかなり特徴的な商品であることが分かります。

フィンジアとチャップアップの効果の違いはどう?

育毛剤なので、やはり大切なのはどんな効果があるかですね。

それぞれどんな成分が働き、どんな作用で薄毛の悩み解消を手伝ってくれるのでしょうか?

チャップアップの成分が持つ効果とはどんなもの?

チャップアップは81種類の成分が含まれていることで有名です。その中でも、主な成分はM-034という成分です。

これは海藻から取られていて、血行促進に役立ち、髪の成長と脱毛抑制という総合的な作用が期待できる成分です。

他の成分の中には、DHTの働きを抑える、ヒオウギエキスなどがあります。

フィンジアの成分が持つ効果とはどんなもの?

フィンジアには2つの主要成分が含まれています。

最初の成分はキャピキシルで、DHTを抑えながら育毛も助ける総合的効果があります。

フィンジアには2つの主要成分

キャピキシルは育毛に関しての力はミノキシジルと比べられるくらい強力です。

もう一つのフィンジアの主要成分はピディオキシジルで、ミノキシジルの誘導体なので、ミノキシジルと同じ位の作用を期待できます。

その他にも、赤唐辛子に含まれているカプサイシンが他の成分を毛根まで浸透させるのを手伝ってくれます。

効果で勝っているのはフィンジアだった!

どちらの商品の方が効果が出やすいかというのは、色々な試験の結果を見て決められます。

やはり科学的にしっかりと証明されている方を選びたいものですね。両方の商品にどんなデータがあるのか探してみたところ分かったことがあります。

チャップアップには試験データが存在しない

チャップアップには81種類の成分が配合されているのですが、そこが弱点でもあるのです。

メインのM-034の成分の効果について見てみると、髪の成長期を長くして太く長い髪にするという説明があります。

このような説明がうたわれているのに、正式な試験データが存在しないのです。

他の80種類のデータに関しても育毛に効果的であるということを証明する、科学的な根拠となるデータがないのです。

唯一見つけられるのが、10パーセントの濃度のM-034を使うと毛根細胞が増殖されたという資料で、具体的な数字はM-034の濃度以外挙げられていません。

その他はあったとしても、体験談や口コミなど主観が入る科学的根拠のないデータばかりが出てきます。

フィンジアの試験データはたくさんある

チャップアップは試験データがありませんでしたが、一方でフィンジアの成分に関する試験データはたくさんあり、キャピキシルとピディオキシジルについては色々な実証実験がされてきました。

例えば、キャピキシルが抜け毛の原因となる5αリダクターゼの働きをどれくらい抑えるのかという具体的なグラフが公表されています。

このデータによると、キャピキシルが2種類ある5αリダクターゼのどちらの働きもしっかり抑えていることや、同じような作用のある茶カテキンよりもずっと高い効果を発揮することが証明されています。

海外で行われたかなり詳細なデータが公表されているのです。

このような試験データがキャピキシルだけではなく、ピディオキシジルについても公表されています。

国内でも試験が行われデータは公開されている

ちなみに、海外だけでなく国内でも試験が行われデータが公表されています。

フィンジアを発売しているユーピーエスが公表している資料によると、フィンジアを6ヶ月使うとどれくらい髪密度が変化するか把握できます。

徐々に効果が現れる様子をグラフで見られます。

密度だけでなく、髪の硬さや太さ、毛穴から生える本数にどんな変化があるかも画像を含めて公開されています。

それだけ、販売元が自社商品の効果に自信があるということの証拠ですね。

データで効果が認められているフィンジアが優勢!

フィンジアの効果についてはデータを確認すれば一目で分かります。ミノキシジルまではいかなくても、同じくらいの育毛作用があることは分かります。

ですから、チャップアップとフィンジアの効果比較では、フィンジアが優勢です。

フィンジアとチャップアップの価格の違いはどう?

今度は価格について比較してどんな違いがあるか確認してみましょう。継続して使うものですから、少しの違いでも長い目で見るとかなり違ってきます。

比較してみると次のようになります。

フィンジア チャップアップ
単品購入の場合 12,800円 8,060円
1本定期コースの場合 9,980円 7,400円
3本セット購入の場合 11,600円(1本あたり) 設定無し
3本定期コースの場合 8,967円(1本あたり) 設定無し

このように比較してみると、チャップアップの方がフィンジアをどのような形で購入しても安くなります。

フィンジアの最安値よりもチャップアップの最安値の方が1,600円くらい安くなります。

フィンジアに含まれている誘導体成分などはどうしても原価が高いので割高になりやすいです。フィンジアの価格の高さは他の育毛剤と比較しても、大きな弱点となります。

価格のみで比較した場合は、チャップアップが優勢になります。

フィンジアの3本定期コースは役に立つ

育毛剤は効果を体感するためには、最低でも3ヶ月は使用しないといけません。ヘアサイクルの問題からそうなってしまいます。

ところが、途中ですぐに止めてしまい効果を体感しないまま終わる人が多いです。どんな育毛剤を使っても続けられなければ意味がありません。

そんな、なかなか育毛剤を使い続けられないという人も、3本定期コースに申し込んでしまえば、続けるしかないので、3ヶ月以上使うモチベーションとしても便利です。

定期コースというネーミングですが初回から定期コース解約可能なので、いきなり3本定期コースで使い始めるというのもおすすめです。

ところで、価格以外でチャップアップがフィンジアよりも優勢な点はあるのでしょうか?

チャップアップが優勢になるポイントは他にある?

チャップアップは人気と売上高が高いことで有名です。

育毛剤全体でもかなり上位に位置している人気商品なので、価格だけでなくフィンジアよりも優勢な点があるはずです。

チャップアップの宣伝の仕方はすごい

チャップアップはとても目立ち、広告の数も非常に多いです。広告にウルトラマンを採用したり、駅や新聞、電車やタクシーにまで広告を出しています。

この広告のおかげで、チャップアップを信頼している人も多いはずです。人間どうしても見慣れているものを信頼してしまう傾向があります。

そんな心理をうまく利用しているのが売上ランキング上位に入る秘訣なのでしょうね。宣伝の上手さという点では、チャップアップがフィンジアよりも優勢です。

チャップアップの返金保証期間は永久

返金保証制度を採用している育毛剤はたくさんありますが、チャップアップの場合は期間が決められていなくて永久保証となっています。

ただし、よく読んでみると定期コースのみ永久保証で対象となるのは最初の1本目だけです。

何ヶ月後だったとしても返金保証は使えるものの、対象になるのは1本目のみで、2本目以降の返金保証はありません。

長い時間使っていくうちに何かが起きて返金してほしい場合、最初の1本目の料金は返しますよということです。

永久保証という言葉がぴったりかどうかは分かりませんが、まあそれなりに安心できますね。

チャップアップは1つの容器に120ml入っている

チャップアップは1本に120ml入っており、これが1ヶ月分の容量となります。量が多いので、薄くなっている部分が広い人でも安心して使えますね。

ちなみに、フィンジアは50mlなのでリアップの60mlより少なく、残りの量が気になるという場合もあります。

チャップアップは成分の数が非常に多い

チャップアップの成分は業界の中でも最多クラスの81種類です。成分が多いので、色々な作用を期待できますね。

ちなみに、フィンジアは成分数が25種類ですから、数を単純に比較するととても少ないです。

育毛剤全体を見れば25種類というのは普通の数字ですが、チャップアップと比較すると少なく感じますね。

ただ、数だけで比較するのは間違っていて、濃度等も明記されているか調べましょう。

フィンジアの場合は、リアップのようにキャピキシル5%のように濃度まで明記してあります。

チャップアップはどの成分がどれくらい入っているのかの表示がありませんので、そこが気になりますね。

フィンジアとチャップアップ併用のメリットはある?

フィンジアとチャップアップを併用する人もいますが、2つのメリットがあります。

うまいこと併用することで両方の良い所を利用できることと、コストを下げることの2つです。

朝と夜で使い分けると便利

基本的に育毛剤は朝と夜の1日2回使うようになっています。

常に育毛剤が効果を発揮している状態を作るためです。

しかし、2種類の育毛剤を朝と夜で使い分けて効果を上げるという方法もあります。

例えば、夜に髪が成長するということを考えたらキャピキシルとピディオキシジルの成長促進作用に期待してフィンジアがベストです。

朝に頭皮の環境を整えるということを考えたら、頭皮改善成分がたくさん入っているチャップアップを選ぶこともできます。

このように、朝はチャップアップで夜はフィンジアを使うことで、お互いの長所を使い分けて効率アップという方法もあるのです。

チャップアップは安いのでコストを下げられる

フィンジアの値段は高く、一番お得な方法を選んでも毎月9,000円近くになりますが、チャップアップなら最安値が7,400円になります。

この両方の育毛剤を併用すると消費量が半分になりますから、1ヶ月あたりの費用を8,200円に抑えられます。

つまり、フィンジアのみ毎月使うよりも、チャップアップと併用することで費用を月800円程度安くすることができるのです。

どちらか一つ選ぶなら絶対フィンジアなのはなぜ?

フィンジアとチャップアップの併用案もありましたが、どちらか一つを選択するとなると絶対的にフィンジアになりますね。

それはなぜでしょうか?

フィンジアの臨床データの多さはとても重要

フィンジアは多くの臨床データがあるのが絶対的に強いです。

例えば、フレグランスジャーナルという古くからある業界専門誌にも実験のデータが紹介されています。

チャップアップには科学的根拠となるデータがないのがとても残念ですね。

体験談レベルではあまり信頼できませんので。

フィンジアの信頼性

フィンジアはリアップのように細胞レベルのデータや動物を使った検証結果まで公表しているので信頼できます。

販売元も臨床試験を行い結果を公表していますので、フィンジアの成分の効果や安全性は保証されているのです。

育毛に詳しい人からも高評価されるフィンジア

育毛に詳しく、色々な商品を比較している人たちもみんなフィンジアを高く評価しています。

やはり、科学的に証明されているデータがあるのが大きいですし、成分の濃度が明記されているのも重要なポイントです。

そして、実際に使った人の評価が高いのもフィンジアです。

データが足りないと言われるチャップアップ

チャップアップはフィンジアと逆で科学的根拠がないということを度々指摘されます。成分濃度も公表されていないので、いまいち効果が分からないという評価になるのです。

もちろん、全く効果がないというわけではありませんが、目立つ広告のわりには中身がちょっとと判断されてしまいます。

ただ、広告の上手さは一流なのでそれが売上の高さにつながっているのでしょう。

結局はフィンジアを使うのが一番良い!

フィンジアとチャップアップを比較してみると、かなり特徴の違う商品であることが分かりました。

総合的に改善させるのか、一点集中で改善していくのかという方法も違いますが、やはり大きな差は科学的データがあるかないかという点です。

抜け毛を少なくしたいとか、頭皮の状態を改善したいという漠然とした願いではなく、ここの毛を増やしたいとか、密度を挙げたいという具体的な願いがある人は、本格的育毛剤のフィンジアを選ぶのがベストです。